スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国DVDマーケット事情

中国のDVDマーケットで正規DVDが販売されている可能性は少ない。(無いとは言わないが。。。)

最近、日本のドラマはDVD版とBlu-ray版で売られるようになった。
DVD版は4.7GBのDVDディスク7~8枚位に全話が収録されており
Blu-ray版は、DVD-DLと言われている8.5G容量のDVD2枚に全話が収録されている。
(Blu-rayと謳っているがBlu-ray方式ではないのがミソだ。普通のDVDプレイヤーで鑑賞できる)

容量を単純計算すると・・・

DVD×7枚組=32.9GB
DVD-DL×2枚組=17GB

DVD-DLの方が画質が悪くなるが、素人には気にならないレベルである。
ハッキリ言って、私には画質の違いが分らなかった。


さて、ドラマDVDの場合、販売単価の算出であるが“1枚あたりの値段”から算出されているようだ。
この“1枚あたりの値段”というのがクセモノであり、コレが地域によって異なるのである。

深圳だと1枚あたり10RMB
東莞だと1枚あたり7RMB
上海だと1枚あたり10RMB が相場となるようだ。
コレは実体験から算出しており店舗に聞いた訳ではない。
但し、新作の場合である。
古い作品は、在庫消化の目的でディスカウントしている場合もある。

たかが、1枚あたり3RMB(≒40円)の違いであるが、複枚数だと大きな違いが出てくる事になる。
また、先に述べたDVD版とDVD-DL版でも大きく異なる。

同じドラマDVDを上海・深圳と東莞で購入した場合の違いを算出してみた。

●上海・深圳で7枚組のDVD版を購入した場合
7枚×10RMB=70RMB となる。

●東莞で2枚組のBlu-ray版(DVD-DL版)を購入した場合
2枚×7RMB=14RMB となる。

ちなみに、香港内だと同じ様な日本のドラマが30~35HKDで販売されている。
東莞で14RMBのDVDが香港だと30HKDなのだ。
二倍以上もボッタクられるとなると、時間を掛けても安い方に手が伸びるのが当然だろう。


であるが、偽造品・海賊版の香港持ち込みは厳禁である。
もちろん、日本への持ち込みも厳禁である。
非正規品は 違法 なので手を出すのは止めよう。
スポンサーサイト

テーマ : 中国
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Rally King

Author:Rally King
暇を見つけては、あちらこちら遊び廻っております。そんな暇人ですが、お付き合い頂けたら幸いです。
ホスピタリティクリック募金

Weather Report




     

最新コメント
最新記事
最新トラックバック
RSSリンクの表示
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。